Wednesday, July 3, 2013

ふぁーすとくらす

人生初ですよ、最初にして最後かもしんない。。(汗)

まさかぁ、払ってないですよ。めちゃ高いんだもん。マイルでごんす。

アメリカで何気に使ってたアラスカ航空のマイレージカード付きクレジットカード。買うほうが安いから使わないで!とたびたび言われ、結局一度も使わずじまい。。。年会費もかかるし、キャッシ
ュバックの方が合理的だから日本移住を機に解約しようか?とマイルをみたらあらびっくり、もうちょっとで二人分のファーストクラス片道チケットと換えれる位貯まってましたよ。

旦那「会社が自分のエコノミー航空券代払ってくれるから僕はエコノミーでいい」

私「でも、マイル不足分を買う金額は片道航空券よりはるかに安いんだけど。そっちが会社孝行じゃない?一緒に帰れるし」

旦那「決まりだからややこしくしたくない。Nだけファーストクラスでいいよ」

(→理想の嫁「そんなぁ、やっぱり一緒が良いよ~。私もエコノミーで帰るぅ」)

→現実の嫁「そう?ありがとね。じゃぁ成田でな」

そして、アラスカ航空でシアトルからロスへ行き、そこでアメリカ航空へ乗り換えて成田へ。どちらもファーストクラスだったんだけど、何がすごいって、まずセキュリティーの列はファーストクラスは別の(ちょっと割り込めるような)列があるし、もちろん搭乗も優先でしょ。それとやっぱり待ち時間が過ごせるラウンジですな。

食べ放題&飲み放題

広々としたラウンジで搭乗時間が着たら誰かが呼びに着てくれます


シアトルからロスまでは短い時間だったのと乗り継ぎ便だったので、掃除もまぁまぁな行き届き具合でしたが、ロスから成田はよかった♪




枕、ブランケットなど

ヘッドフォン様もケースにお入りになっています
お休みセット(持って帰りました)
就寝時は椅子が平らに倒せて足も伸ばせます
でも残念ながらベットの準備はセルフでした
こんな感じで各シートゆったりスペースあり
プラでもアルミでもなく、ちゃんとしたお皿にのったお料理登場

もっと、料理の写真とかも撮りたかったんですがね。シアトルからの便で、朝一のすきっ腹の状態にミモザ2杯飲んだら気分悪くなりまして。。(恥)
豪華なLAラウンジでも水だけ、成田への機内でも酔わないように気を張るだけで精一杯でした。
アジア系の航空会社のファーストクラスはもっと料理も美味しいし、サービスも行き届いてるんだろうなぁ。
ちなみにサービスは、アジア人のお兄さんが上手な日本語でメニューの注文を取りにきてくれたんですが、この彼は結構テンパッてたみたいでした。ワインの注文で「ラムコークが良い」というと(この時は多少体調が回復していたので)やや切れ気味に「今はワインの注文だ」とイラついた口調で言われてしまい、何でもOK!OK!と甘やかしてくれるだのだろうと余裕ぶっこいていたファーストクラス初体験者はビビりましたけど(汗)。

次回のファーストクラスでの教訓は

「朝一のミモザに気をつけろ!」

ってかまた乗れるかな?


最後のおつとめ

サンディエゴの家を無事に貸し出し、2013年5月22日からシアトルへ。
シアトルの義姉らが家を買ってから一度も遊びに行ってないので(彼らがいつもCAに来てたので会えてたしね)、日本に行く前にここは一度行っておかないとやばいでしょ!?

いつ行くの?「今しかないでしょ(From 東進)」

ってことで、一週間シアトルの義姉の家に行ってました。
築何年だっけ??思い出せないほど古い家ですが、シアトルではこんな年期の入った家がうじゃうじゃあるとか。

地下一階が書斎とファミリールーム+バストイレ、一階はLDKとマスターベットルーム+バストイレ、2階は広い踊り場とベットルーム2つのお宅はセンスの良い義姉らしく、黄色、紫、黒をアクセントにした素敵なインテリアでした。特にキッチンは恐ろしく狭かったので、部屋を一つぶち抜いてアイランドキッチンにしたらしい。器用な義兄が仕事を終えて毎晩改装工事の準備をしたので、かなり大変たっだそうだ。

リビングからミモザで一杯

滞在中は、6歳(長女M)と3歳(次女C)の姉妹を学校へ送っていき、長女Mのクラスでは特別ゲストとして授業に参加させてもらったり、彼女の合唱発表会に行ったり、

今日のクラスでは三女Bの成長観察が特別になってた

彼らの地元バラード地区のファーマーズマーケットにも行った。そこで義姉の友人が経営している店を覗かせてもらったけど、生地好きの私はテンションが上がったね。私好みのインテリア雑貨と扱っている生地の柄に加えて、店の奥では縫い物教室や有料だけどミシンを借りて作業ができる部屋があり、見てるだけでわくわくしたなぁ。
店の入り口は別の方が経営する喫茶店で、店を入り左の階段をあがるとこちらのお店になります。


バラードのファーマーズマーケット
ちょうど良い規模で脇にはお洒落なお店も並ぶ


喫茶店の入り口

入ると左側にある階段(お店から撮影したので通りがみえてます)
"Drygoods Design" オーナーはKeliさん♪



最終日前日は義姉の誕生日だったけど、私たちのリクエストを聞いてくれてブラジリアンレストランで夕食。無事楽しい任務完了、そして日本へ旅立ったのでした。。。