Tuesday, April 19, 2011

BBCの英語から

シリアで起きてるデモのニュース読んでたけど、「1963年から48年間続いてた非常事態法」ってなんじゃ??非常事態法っていったら一時的な措置っぽいけど、48年も非常事態だってこと??それだけ強権支配されてきたってことかな。

*abolish:(法律、習慣、慣習の)廃止、撤廃、根絶、撲滅する。
*repeal:(法律、税などを)破棄、撤廃、廃止する。無効にする。


Mohammed Ibrahim al-Shaar told people "to refrain from taking part in all marches, demonstrations or sit-ins under any banner whatsoever", in remarks carried by the official news agency, Sana.


*refrain from~:「リフレイン」って聞くといつも松任谷 由実さんの歌を思い出してしまうけど、ココでは動詞で
           (~することを)差し控える、慎む、我慢する。
*take part in:参加する
*sit-in(s):座り込み
banner:旗印


訳:公式報道機関「サナ」の記事によると、ムハマド(フルネーム省略)はデモ行進やデモ行動、いかなる旗印の下の座り込みを控えるようにと人々へ呼びかけた。





Monday, April 18, 2011

食?の師匠

食べることも作ることも大好きな私が最近はまってるTV番組がある。

Travel Channelで放送中の「BIZARRE FOODS(変な食べ物)」
シェフ&作家&食の探検家であるAndrew Zimmern (アンドリュー・ジマーン:下)さんが、世界各地を旅してゲテモノを食べまくる番組。






*注)はっきりいって、普通の方は気持ち悪くて見れないかもしれません。


とってもハードコアな番組です。


虫、かわいい動物、気持ち悪い動物、それらのありとあらゆる内臓などなど、調理法は生から唐揚げまで「世界は広いな」ってつくづく感じる。でも見てて「結構美味しそうだな」って思うことが多い自分が末恐ろしい (((( ;゚Д゚))))


自称ゲテモノ食いの私が尊敬する彼。きっとお腹をこわした回数やもっとやばいことになったことは数知れず~。


いつか旅に御一緒したいわ☆ その前に、この番組を見ながら次の旅行プランを立てたいわ(相方には内緒で♪)




私と同じにおいのする、ゲテモノLoverの方、怖いもの見たさで興味がある方は是非どうぞ~。







Thursday, April 14, 2011

値切りました。

別のボランティアのイベントに出す鶴のピアスの製作を始めるべく「PAPER SOURCE」へ行ってきました。Japanese Paper(日本風のデザイン紙)の打り上げの10%を日本の震災復興支援金として寄付してくださるそうで、ありがたや~。



ここにはいろんな紙や封筒、カードがあるんだよね。でもお値段ややはりますけど。
なかなか好評だった金と銀の鶴のピアスを増産するために材料の紙を調達。両面色が付いている千代紙が手に入りにくいので、代用できるものはないかと立ち寄ったらありました~。
素材はやや固めだけど、裏も色つきだしこれならOK。

銀は沢山余ってたけど、金は店頭にあるのが最後の一枚で結構しわ付き。注文もできるけど、また来るのもおっくうだし。。
恐る恐る「しわが入ってるから値引きしてくれない?」と聞くとあっさりOK。 

25%OFF!

言ってみるもんだね。
一枚が大きいので、これで鶴の材料は確保できた☆


また心をこめてピアス作るぞ♪


魚ざんまい~オーストラリア旅行記④~

3月20日(日)シドニー3日目


今日は結構天気がいい~。
ボンダイビーチに行こうかとも思ったけど、美味しいFish&Chips食べに行こうってことで、Watson Bayにある「Doyles」へ。ダウンタウンから離れながら山?丘?を越えて行ったので、途中のドライブも綺麗な景色だったこと。ちゃんとしたレストランはAUS$20~とお高めなので、隣にある同じ系列で持ち帰りもできる「Doley's on the wharf」で昼食。ここならサラダは$5~ある♪ 簡単なテーブルが置いてあって、買ってきたFish&Chipsやバーでビールも注文できるんだけど、海に浮かんでるような気分にさせる眺めはサイコ~。


                          酔っ払い↑

お腹減りすぎて、Fish&Chipsの写真撮り忘れた。。。けど、旦那と2人で、Fish&ChipsとGreek Saladを分けたら丁度いい量だった。
量もさることながら、味もうまし!!! ここはまた絶対来たいな!!
Fish&Chipsとはカリッと揚がった白身魚のてんぷらとフライドポテトの事。オーストラリアで人気のある料理で、オージー(オーストラリア人)は塩コショウの他に、タルタルソースやお酢をかけて食べることが多い)

3番目の写真の右側の建物がDoley's on the wharf。お高いレストランはこの向こう側にある。
手前に見える岩にへばりついてるのは、愛しいOysterさん♪ 食後にビーチを散歩する家族と離れて、久々に一人で牡蠣打ちしましたが、さすがに中身は煮えておりました。。

食後は一路ダウンタウンへもどり、ダーリングハーバーにある水族館「Sydney Aquarium」へ。


動物園は嫌いなんだけど、水族館は大好き~♪ そして、行くといつもお腹がすくのは私だけでしょうか???
ここでも姪に、日本語で(英語だと周りから反感を買うので(汗))「どの魚をどんな風に調理したら美味しいか」を熱弁しながら歩く。


水族館にも結構長い間いたなぁ。。
この夜、TとRはSydneyのクラブへ行く為に市内のホテルへ泊まった。たまには2人っきりの時間も欲しいよね。


明日はいよいよお待ちかねの「Sydney Harbour Bridge Climb」!!有名なハーバーブリッジに登りま~す。



~オーストラリア旅行記⑤~へつづく

Monday, April 11, 2011

Nothing stopped us from having fun!~オーストラリア旅行記③~

3月19日(土)シドニー2日目

朝から雨。
3月までは雨季にあたるらしいけど「3月下旬だし、なんとかなるんじゃ?」と軽く思ってたが、神様からもやっぱりVIP扱いはしてもらえず(笑)
天気予報も今週末までは雨なので、雨ごときにせっかくの旅行計画をダメにさせるものか!と出発。

それにしてもすごい雨だな~って思っていると、今週は記録的な豪雨だったらしくダウンタウンまでのドライブの途中で洪水になってる場所もちらほら見える。夜は土砂降りだったけど、日中は小雨程度だったのが不幸中の幸いかな。

今日は相方が(めずらしく?)事前にリサーチしていたダウンタウンの散策ルートに沿って出発。
まずは腹ごなし♪ ロックスを散策しながら、友人がお勧めの「Lord Nelson Brewery」でランチ。


Barで注文して支払うと、ビールはその場で受け取り、料理はテーブルまで運んでくれる。
喉が渇いていたので、ビールが美味しい~。みんなそれぞれ、ハンバーガーやFish&Chipを頼む中、途中で買い食いをしていた私達夫婦はそこまでお腹が減っておらず、ビールのお供になりそうな「レバーパテ&チーズ&生ハム」を注文。写真撮り忘れました。
このパテが激うま~~!!
今までパテを食べてる姿を見たことがない旦那も、気に入ったようで、食べる食べる~。
パテ好きの私は、取り分が減ったのでやや不満。帰ってきたら自分で作るぞ。

食後はサーキュラーキーをこえて、シドニーのシンボルオペラハウスへ。


この後雨脚が強くなり、オペラハウスへ駆け込んだな。

内部も、奇抜なデザインの外部に負けず劣らず複雑なデザイン。確か、コンペでこのデザインが入賞して決まった後、その複雑さの為に総工費、年数ともに当初の予定から大幅に増えた、って聞いたことがあるのもうなずける。中にはオペラハウスの見学ツアー、バックステージツアーなどもあるらしい。

雨が少し小降りになったので、散策再開。次の目的地はボタニックガーデンを抜けて、私が待ちに待ったミートパイのお店へ。

綺麗ね~となにげなく見ながら通り抜けていた庭でしたが、鳥とは違う大きな群れの飛行物体。。あれ??



コウモリですよ。コウモリ。
昼間ですけど、みなさん洞穴とかにいらっしゃらなくても宜しいんですか?

ビビリながらそそくさと退散。
そしてお待ちかね!「Harry's Cafe de Wheels」で有名なミートパイ「タイガー」を注文♪ 普通のミートパイの上に、マッシュポテトとマッシュグリンピース、グレービーソースがかかったカロリーやばそうな一品。


期待しすぎていたのか、私の舌が肥えすぎていたのが、美味しかったけど「また食べたい」って感じはないな。貧乏症の私は残すのもったいないので、無理して食べて気分悪くなったし。。これなら「Pie Face」の方が好きかも。

この後は、たらたら歩きながらお腹を減らして、ダーリングハーバーで夕食。


サングリアをピッチャーで頼んだら、素敵な入れ物に入って登場。筒の部分に入っているサングリアが見えて、下についてるミラーボールみたいなところからグラスへ注ぐ。豪華なんだか、よくわからんデザイン。。

この後、すぐ外で花火がかなりの数打ち上げられてた。週末は毎週やってるのかな?それとも私達がラッキーなの?とっても嬉しい食後のサプライズとなりました。



オーストラリア旅行記④へつづく。





Sunday, April 10, 2011

心地よい疲れ

日本へ送る震災義援金のためのバザーのお手伝いから帰ってきました。

朝8時に会場へ到着し、値札付けや仕分けなどをヘルプ。10時からバザースタートで、てんてこ舞いの忙しさなのに、(きっとどなたかの)おばぁちゃん約2名。空気まったく読めずに商品物色開始。
商品買ってくれるんだからありがたいんだけどさぁ、結構作業の邪魔になってました(苦笑)

ダントツに多いのが洋服、アクセサリー、食器、家電、おもちゃ、本、小さめ家具、食品(手作りのお菓子ややきそばパンなど)、お花、その他もろもろの品揃えで、会場パンパン。
写真は「バザー開始直前(上)」「開始後(下)」



私も、少しでしたが手作りの鶴のピアスを販売しました。GoldとSilver♪

箱に入ってるとプレゼントにも良いかなって思い。ネットで箱の展開図を見つけて手作りしました(暇!)

日本人の方は「私でも作れるかも~」って思われたのかな?(実際折り紙が折れる人なら作れると思います)御購入頂いた方はほぼアメリカ人の方でした。

他のピアス$2~$3で売られている物のが多い中、あえて低くせずに値段を出していましたが値引き交渉も無く新しい主人の元へ飛び立っていった鶴たち。元気でなぁ~。

鶴以外にもピアスにしてみたい折り紙の形があるので、また時間を見つけて作りたいな。
ってか他のチャリティーイベントもまだまだあるので、そこへの出品用でもいいか。

心をこめて折りましたんで、「良い気」が入っていると思います。


お客様もボランティの方々もお疲れ様でした。

Friday, April 8, 2011

きっと天職よね

熊本天草勤務時代に知り合った大事な友人A。

旦那同士(当時は彼氏同士)が先にJETで出会って、お互いの彼女(友人Aと私)の話になり、同じ福岡出身、同年代、二人とも薬剤師だってことで

「俺らって、まさか二股かけられてないよね(汗)」

って奴らは心配してた時期があったってのは、実に面白かったよね。
あれからもう5年も経つんだよ~信じられない。恐るべし光陰矢の如し。

彼女はイギリス人のA君(そういえば同じイニシャルでA&Aカップル)と婚約してイギリスへ行き結婚。私は旦那と日本で結婚してアメリカへ、とお互い違う国へ移住することになった。

ワインとチーズをこよなく愛し、料理が好きだった彼女と食べることが好きな私。そして二人とも薬剤師としての仕事がしっくりこなくて、新天地での生活は心機一転、違う仕事をするチャンスになったよね☆


その友人Aが、最近自分で仕事を始めて、初仕事を迎えた。それは「お掃除屋さん」♪ 
可愛いデザインのロゴも、とっても彼女らしい。
お気に入りのリンクもしてますが、彼女のホームページはこちら~「Bright nasu

彼女にピッタリだと思う。だって、熊本でも家がいつもピカピカだったもんね。近所なら絶対お願いするのに!!
得意で好きなことが仕事になるってすごい。そしていろんな人を幸せにできる、とても素晴らしい仕事だと思う。新しい一歩を踏み出した彼女を誇りに思うし、自分の事の様に嬉しい☆

最近まで「薬剤師は収入が良いから、アメリカでも資格とればいいのに」といろんな人にも言われて、自分もその意見に流されそうだったけど、一度きりの人生なんで自分が楽しいと思える仕事がいいかな?って。幸い、旦那が安定した収入で私の考えに賛成してくれているので、今は翻訳家になるべく修行中。私も頑張るぞ~!



好きなことが出来る事に感謝☆それを理解して支えてくれる周りの大事な人たちに感謝☆

Sydney一日目~オーストラリア旅行記②~

日付変更線をまたぎ、一日失って3月18日【木】

朝7時半にSydneyへ到着。ここには6泊予定。
到着直前に姪Mが体調を悪くした。大人でも疲れるフライトだもんね、頑張ったね。

荷物を受け取ったら、予約していたレンタカー2台と携帯電話の手続きを済ませる。ビビリな私は、車の保険に入っておくことを勧めたが、相方に却下される。ちなみに、オーストラリアはイギリスや日本と同じで左側通行(アメリカは右側通行)

空港はダウンタウンシドニーの少し南にあるが、私達の滞在場所は空港から車で約1時間ほど北へ走った「Palm Beach」と言われる場所。現地では高級住宅街(CAのビバリーヒルズみたいな場所)らしい。ここを選んだのは義母。計4家族になるので、Guest Houseに泊まるほうが、ホテルを予約するより断然お得でキッチンや洗濯室もあり快適だから、というのが理由。確かにリラックスできたな。そして、素晴らしいロケーション。ベッドルーム2つ、シャワー3つとトイレ4つ。唯一残念だったのは、もうちょっと綺麗に掃除して欲しかったかな、という点。



早速昼食に行った近くのオサレ~なレストランは、NSWのビバリーヒルズの名に恥ないお高めな金額。メニューの金額を見て、お腹のすき具合がやや軽くなった私達夫婦は一番安いものを注文(笑)

Guest Houseに滞在するので、夕食は毎晩ではないにしろ交代で作ることを事前に話し合っていた。義理の両親はすでに航空券と宿泊費をプレゼントしてくれていたので、自炊の食費やレンタカーなどの雑費は私達で折半して負担することに。

久振りのAUSでの買い物♪ Perthでもショッピングカートにコインが必要だったっけぇ?
カートはチェーンで繋がれており、コインを入れるとカートが外れ、カートを返すとコインが戻ってくる仕組み。盗難防止かな。


いそいそと食材を買い込み、今夜は弟Tと彼氏Rが食事を作ってくれることに♪

ありがとう♪
今回義理母の次に個人の荷物が多かったこのお二人。
Tは靴とか7足持ってきてたからね。。私は思わず「Tは足何本あるの?って嫌味がぽろっと。。やっぱりゲイちゃんはいつでもどこでも服にはこだわるのね。。洗面道具もすべてフルサイズでしたから。。必要な分だけ小分けしようとか思わないんだろうね。軽いカルチャーショック。


食後は15時間のフライトの疲れで、気を失うようにして就寝。普段は寝つきの悪い相方も、今日はすぐに寝息をたてていた。


~オーストラリア旅行記③~へつづく

いざカンガルーとコアラの国へ~オーストラリア旅行記①~

20011年3月16日

前日からカリフォルニア入りしていた、シアトルからの義理姉M家族(4人)、ニューヨークから義理の弟Tと彼氏R。そして義理の両親と私達夫婦の合計10名は、5時半ピックアップのミニバンシャトル一台に乗り込み、夜10時半発のカンタス航空で一路オーストラリアへ!
LAからSydneyへ15時間のノンストップフライトは、今までで一番長いフライトだったな。。。

今回がカンタス航空初体験だったけど、噂どおりカンタス最高~(´▽`)ィェーィ


私の個人的な航空会社の判断基準は、


*機内の清潔さと温度
→機内は清潔に掃除されており、寒さにすこぶる弱い生き物の私も凍死せず。歯ブラシ、アイマスクの配布も嬉しい。
*使える備品(毛布、クッション)や座席の画面で見れる映画などの豊富さ
→OK
*ご飯がうまいか?
→どちらか選ぶならシンガポールだけど、でも旨し。
*客室乗務員綺麗か?対応は丁寧か?
→綺麗なネェちゃん、ニィちゃんで、私&T&Rはご機嫌(´^௰^`)ニヤ


ってな感じで、今まではシンガポール航空が私の中で一番だったけどカンタスもそれに負けず劣らず。
そして何より興奮したのは、初のダブルデッキへの搭乗♪




「ダブルデッキ」とは文字通り、ロンドンの二階建てバスみたいなものの、飛行機バージョン。その割には機内はゆったりしていたので、相当な大きさのジェット機なんだろうな。


ワインやカクテル飲み放題だし、乗務員のドリンクサービスが無いときでも、後ろに設置されている「ドリンク&スナックバー」で勝手に好きなものを取って食べれるサービスが嬉しい。




二人の姪(M4歳、C1歳半)も、家族の間を転々としてなんとか長いフライト乗り切ってくれました。自慢ですが、私は姪Mのお気に入りで、レストランでも「ネエネ(私のあだ名)横に座ってくれない?」といつもせがまれます。もちろん叔母バカの私は、疲れててもほいほい座りますけど、、何か




Sydney着は朝。それまで一眠り~




~オーストラリア旅行記②~へ続く




Thursday, April 7, 2011

ただいまのすぐ後のいってらっしゃい♪

先月、複雑な気持ちでオーストラリアの家族旅行に行ってきました。

日本のことを考えると、胸が痛みましたが、オーストラリアでも多くの場所で日本へ送る義援金の箱や応援してくださっているお店を見て、とても嬉しくなりました。
旅行に行ったからには、暗く沈んでいても家族に申し訳ないし、そんな気持ちでいても何の役にも立たないので、気持ちを切り替え「旅行に来れる事に感謝、連れてってくれた義理の両親へ感謝」と考えて楽しんできました。

そして旅行前からやりたいと思っていたボランティアに参加しました。少しでも祖国の役に立てればと考えています。ボランティア団体のミーティングも週一回のペースで役職を持った方たちが集まり、団体の運営方法や取り組みについて話し合うことになりました。私も係りをさせていただくことになったので、やる気満々です!
今週末のバザーに向けて、折鶴のピアスを作成し販売させていただくことになりました。

そして、なんでこんなに動き回れるかというと。。。

それは旦那が今出張でいないから~ 
あばよ~相棒

オーストラリアから帰ってきて3日目に、哀れな相方はスコットランドへの出張へ旅立ちました。

(イメージ画)


スコットランドはまだまだ寒いんだろうな。。。時差ボケも治らないまま(ってか治しても意味ないか?)朝6時半の便の上、ろくでなし人事(たぶんね)のひどい乗り継ぎ便の手配で、きっとへろへろで現地に着いたんだろうな。。あまりのひどさに上司も人事のチケット手配した人にクレームしたらしい。結局変更はきかなかったんだけど。

去年は1週間の出張で、今回は2週間。「なおみも一緒に来る????」って誘われたけど、自分が一番可愛いので、丁重にお断りしましたから。

まぁ、なんとかやってるでしょう。

帰ってきたら、大好きな焼肉屋さんに連れて行こう。


今日も無事に一日過ごせたことに感謝☆