Tuesday, March 8, 2011

SUPER TAIKO CONCERT(スーパー太鼓コンサート)

先週の日曜日6日の夜は、叔父さん夫婦とコンサートに出かけました。

その名も「SUPER TAIKO CONCERT(スーパー太鼓コンサート)」。行きの車の中で、「このミュージシャンは日本で有名なのか?」とか「太鼓は日本で人気の楽器なのか?」とかおじさんにいろいろ聞かれましたが、恥ずかしながら彼らのことについて全然知りません(恥)

3人の太鼓奏者によるオリジナル楽曲てんこ盛りのコンサートで、LAでの公演のみが目的だったのですが、サンディエゴ・ティファナ日本協会とサンディエゴ太鼓グループの協賛で、急遽サンディエゴでの追加公演が決まったのでした。


人生初の太鼓コンサートはアメリカでしたよ。思えば中学生のときに叔母にクラシックコンサートに連れて行ってもらって、開演数分後に死体のように眠りこけてしまってから「あんたはもう絶対連れて行かん!」と叔母に宣言されましたから。大人になって行ったGONTITIのコンサートでも良い夢見てたなぁ、そういえば(遠い目)

わくわくしなが行った太鼓コンサート。 その感想は、

すごい迫力! 


うっとりする上腕二頭筋!(# ̄ー ̄#)ニヤ


なんて見ていて辛くなるコンサートなんだ。


すごい力でバチが振り下ろされるので、長い楽曲の後半は奏者の表情もかなり辛そう。。。
見てるこっちまで辛くなる。。。あまりの衝撃で演奏中にバチが割れるハプニングもあったり。
私だったら、間違いなく客席に最低5回はバチを飛ばし、観客を負傷させて公演中止。もしくは自分の顔をバチで殴り公演続行不可能になるなぁ。。と妄想。自分と他人の平和の為にも、絶対太鼓を演奏したい♪とか思うのは止めよう!


動画はサンディエゴ公演のものではありませんが、同じツアーです。ちなみに私がファンになった上腕二頭筋の持ち主は動画には写ってない「高田 純」さんという方です。華奢なのに綺麗な筋肉がついているんですよ☆ キャー!!




今回のサンディエゴでの太鼓奏者は

ヒダノ修一さん:http://www.hidashu.com/
林田ひろゆきさん:http://www.hiroyukihayashida.com/japanese/workshop.html
↑彼は有名なドラムメーカー「REMO」の公式登録ミュージシャンでREMO太鼓のデザインにも携わったようです。
高田 純さん:http://www.waternet-sound.com/artist/takada_jun.html

ゲストパーカッション:パパイヤ鈴木のような頭のAlfredo Ortizさん:http://www.fredoortiz.com/
Taiko Center of Los Angeles(http://www.taikocenter.com/About.html)の皆さんでした。

素敵な夜になりました。
ありがとうございます。

2 comments:

  1. 太鼓?スーパータイコ?有名なのか??
    私の知っているタイコは太鼓腹→自前、
    タイコおばさん→サザエさん出演中、
    スーパー太鼓持ち→会社にいっぱいいます。
    危険なので演奏したくなったらお知らせ下さい。
    全力で避難します!

    ReplyDelete
  2. 了解。

    逆にこういったコンサートって日本ではどんな感じ??

    ReplyDelete